2017年予測:急速な採用の増加とイノベーションがやってくる

Rancher Labs | Rancher Labs 2017 Predictions: Rapid Adoption and Innovation to Come | Rancher Labs
http://rancher.com/rancher-labs-2017-predictions-rapid-adoption-and-innovation-to-come/

からの翻訳です。

on Dec 27, 2016

コンテナ・オーケストレーションフレームワークは急速に導入が増えるでしょう。

多くの会社が本番環境でコンテナの導入を始めた事で、Kubernetes,Mesos,Cattle,Docker Swamといったオーケストレーションフレームワークの導入も増えるでしょう。これらのプロジェクトでは安定性やコミュニティそしてパートナーエコシステムは進化し続けており、本番環境で、より多くのコンテナーを利用する企業に対して必要に応じて対応し、技術を実現していくでしょう。

コンテナ・インフラストラクチャーの更なるイノベーション

現在、コンテナーストレージやネットワークソリューションが市場に豊富にありますが、Container Network Interface(Kubernetesで使用される)のような仕様が成熟を遂げた事で、コンテナーの本番環境の規模と負荷の増加に対応できる多くの製品が出てくるでしょう。StorageOS、Portworx、Quobyteのような企業の製品がより多くの導入されるでしょう。

コードによるインフラ全体の管理の実現

コンテナ化されたアプリケーションがDocker Composeファイルとしてデプロイできるのと同じように、オーケストレーションツール群は「一度書けば、どこででも動かせる」機能を強化するためにテンプレート化と設計図からのインスタンス化を推し進めるでしょう。ユーザーは、KubernetesやSwarm、Mesosの希望するデプロイ構成とインフラサービスを正確に定義し、選択したクラウドまたは仮想化インフラストラクチャーに展開するでしょう。かねてよりユーザーからこの機能の要望を受けていました。ユーザーが、モジュールとしてカスタマイズできるテンプレートのコンテナ実行環境を完全に展開できるようなった事で、最新版のRancherはこのビジョンにまた一歩近づきました。

DockerがARMサーバーの導入を加速

実際の『ARMサーバーの年』が実現するまでにはまだ道のりがありますが、コンテナはデータセンターのARMサーバー導入をさらに加速するのに間違いありません。コンテナーはインテルサーバーと同じようにARMサーバー上で動作しますが、コストを大幅に抑える事ができます。Packetのようなホスティング会社は、ARMサーバーを時間単位で提供しています。コンテナーとRancher OSのようなシンプルLinuxディストリビューションの組み合わせは、特定のワークロード上ではARMサーバーが有望な選択肢となり、これらのホスティングでのソリューションとして有効に活かすことができるでしょう。

Note: This blog first appeared onVMblog on December 13, 2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です