Rancher Meetup #01 in Yokohama レポート

Rancher Meetup #01 in Yokohama レポート

Rancher Meetup #01 in Yokohama

日時:2018年1月23日 19:30-21:00 (開場:19:00)

場所:マクニカネットワークス株式会社

プログラム:

No. 時間帯 時間[分]: 発表内容 発表者
[1] 19:30-19:40 10 Rancher 2.0アップデート @shindoy
[2] 19:40-20:30 50 Rancher 2.0へ!(既存環境のマイグレーションに向けたTechPreview版を評価したお話)+なんでも質問コーナー @minehiko_nohara
[3] 20:30-20:40 10 休憩 休憩
[4] 20:40-20:50 10 〜コンテナ初心者がやってみた〜 Rancher環境自動プロビジョニング @nagoden
[5] 20:50-20:55 5 LT: redashのプラベートカタログ作成してつまづいたアレコレ @yassan168

Rancher 2.0アップデート

発表者:@shindoy(Rancher Japan)

shindyプレン全テーション画像01

久々でかつ初の横浜開催!!

Rancherの紹介。

Rancherはグローバルに利用者が増え、インドの利用が意外とある。

6月〜9月の3ヶ月で1.0系のアーキテクチャをkubernetesベースに変更、Rancher2.0TPをリリース。

今後のリリースやイベントの紹介
1/24にRancher Technical Preview2をリリース、Betaは2/16、GAは、3/30を予定。

Rancher 事例紹介セミナーの開催

shindyプレゼンテーション画像02

Rancher 事例紹介セミナー
〜国内外での導入事例を一挙公開!〜

日時:2018年2月14日 (水) 16:00~18:40 (入場開始 15:30)
会場:TKPガーデンシティ渋谷 ホールB
定員:70名(無料)

登録はこちら

Rancher2.0への以降に向けて

発表者:@minehiko_nohara(マクニカネットワークス株式会社)

minehiko_noharaプレゼンテーション画像01

Rancher1系からRancher2系の移行に向けてRancher2.0 Technical Previewの検証報告。
まずは、これまでの流れを振り返る。


業務課題からDocker移行を社内で始める。

2015年のOpenstackSummitでのブースでRancherと出会い、これだ!!と思ったが、初期のバージョンは安定度が弱かったため保留。

2016年夏頃のGAリリースからRancherを使い始め、社内のエンジニアが利用できる「App as a Service」環境を構築し、プライベートカタログを登録して簡単デプロイを実現。

最初は、CoreOSではじめ、運用で苦労。
現状はUbuntuベースに変えている。

仮想マシン単位で社内で利用可能としている。
バックアップはNutanixを利用。


<Rancher2.0への移行理由>

  • Rancher2.0が発表され、これからは2.0となり、1.0系のサポートも終了の懸念
  • Rancher2.0はkubernetesベースということもあり、kubernetesの実績や知見の蓄積
  • 社内のkubernetes検証環境のyaml等の利用
  • Diamantiのkubernetes環境をRancherUIで管理

<評価のポイント>

  • マルチテナンシーとquota
    ⇒Technical Preview版では現状テストできない。GAに期待。
  • プライベートカタログ利用
    ⇒docker-composeのカタログが利用でき素晴らしい。
  • DockerRegistry利用
    ⇒NG(環境問題かも)dockerhubでプルできるが、DRだとうまくいかなかったので、再度検証中。
  • 既存のPodのスペックファイル利用
    ⇒一部動作に問題はあったが、概ね利用できた。ただし、PersistentVolumeが正しく動作しなかたった。
minehiko_noharaプレゼンテーション画像02
  • kubectlによるpodの管理
    ⇒問題なくできた。
  • 他のk8sクラスタの統合管理(Diamanti)
    ⇒インポートはできたが、期待通りの動きではなかった。
  • 検証した環境は、以下。Docker1.12.6で安定した。
    • docker 1.12.6
    • ubuntu16
    • Rancher2.0

登壇資料

〜コンテナ初心者がやってみた〜 Rancher環境自動プロビジョニング

発表者:@nagoden

nagodenプレゼンテーション画像01

Rancher Server自体の管理と冗長性をもっと楽にしたいと思い、使いたいともったらすぐ使えるようにTerraformとAnsibleでプロビジョニングして環境構築デモ。

redashのプラベートカタログ作成してつまづいたアレコレ

発表者:@yassan168

yassan168プレゼンテーション画像01

プライベートカタログ作成における躓きポイント解説!

  • HTTPS化ってどうした良いの問題
  • 初回起動時に一回だけ「create_dbしたい」問題
  • docker-compose.ymlで条件分岐使いたい問題
  • デプロイするホストしてしたい問題

登壇資料

Rancher Meetup恒例集合写真

集合写真

ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA